よしだです。

今回は FreeBSD に任意バージョンの Ruby + Ruby on Rails を導入する方法を紹介します。

概要

FreeBSDのロゴ

FreeBSD ではソフトウェアのインストールに Ports Collection というシステムを利用します。

このシステムを利用して Ruby + Ruby on Rails をインストールすると、デフォルトでは Ruby 1.8 と Rails 3.2 が入ります(FreeBSD 8.3 の場合)。ところが、Ruby や Ruby on Rails はバージョンによってかなり挙動が違ってきます。特定のバージョンをインストールしたいというシーンは少なからずあると思います。

そこで今回は、FreeBSD の Ports Collection を利用して、簡単に任意バージョンの Ruby + Ruby on Rails を導入する方法を紹介します。



導入手順

0. Ports Collection をインストールする

FreeBSD インストール直後で Ports Collection の導入が済んでいない場合は、root ユーザで下記のコマンドでインストールします。

# portsnap fetch
# portsnap extract

これで /usr/ports 以下に、各ソフトウェアのインストールに必要なファイルがまとめられたディレクトリ(このまとまりをスケルトンといいます)がカテゴリ分けされた状態で配備されます。


1. 任意バージョンの Ruby をインストールするための準備

Ports Collection からは Ruby 1.8 か Ruby 1.9 を導入することができます。

Ruby に依存するソフトウェを導入する際に、デフォルトでは Ruby 1.8 がインストールされます。

ここで Ruby 1.9 をインストールしたい場合は、/etc/make.conf に Ruby 1.9 を利用することを明示することで実現できます。

# echo 'RUBY_DEFAULT_VER=1.9' >> /etc/make.conf

どちらのバージョンを導入するにしても、Ruby 自体のインストールを明示的に行う必要はなく、Ruby が必要になったときに Ports Collection が自動で導入してくれます。便利ですね。



2. RubyGems をインストールする

まずは Ruby on Rails に必要不可欠であるプラグインシステム、RubyGems をインストールします。

RubyGems はさまざまなプラグインの管理を行う一方で、Ruby on Rails のインストールまで行えるという優れものです。FreeBSD には、この RubyGems を最小限構成で導入するための port スケルトンが用意されています。

今回はこれを利用することで導入にかかる時間の短縮を図ります。

# cd /usr/ports/www/rubygem-rails-app-installer
# make config-recursive
(インストール時の設定を、依存ソフトウェア分もあわせて先に済ませてしまう)
# make install clean
(ここで Ruby とその他の必要なソフトウェアがインストールされる)

ここでのポイントは、インストール前に「make config-recursive」というコマンドを実行することです。

このコマンドはソフトウェアに必要な設定を、依存するソフトウェアの分も含めて、あらかじめ行うことができます。こうすることで、ソフトウェアごとに設定ダイアログが出現し、インストール作業が中断されるのを防ぐことができます。


3. 任意バージョンの RubyGems をインストールする

(この手順は、必要がなければ飛ばしてもかまいません)

RubyGems にもバージョンがあり、環境によっては特定バージョンの導入が必要なケースもあります。

FreeBSD 上には、バージョンごとの RubyGems の port スケルトンは存在しません。

そこで下記のように、RubyGems 自身の機能を利用してアップグレードもしくはダウングレードさせます。

# rehash
(先ほど gem コマンドが入ったばかりなので、csh の場合、PATH の再読み込みが必要)
# gem install rubygems-update -v=<インストールしたいバージョンの番号>
# rehash
(先ほどのコマンドで update_rubygems コマンドが入ったばかりなので、同上)
# update_rubygems

4. 任意バージョンの Ruby on Rails をインストールする

ここまでの手順で Ruby on Rails を導入するための準備は整いました。

Ruby on Rails は RubyGems を利用することで、簡単に導入することができます。

# gem install -v=<インストールしたいバージョンの番号> rails

とっても簡単ですね。



おわりに

今回は FreeBSD 8.3 での利用を例に、任意バージョンの Ruby + Ruby on Rails を導入する方法を紹介しました。

次回はこの手順を利用して、Ruby on Rails 2.3 という少し古いシステムが必要になる『エレコマ』を、FreeBSD に導入する方法を紹介したいと思います。

ブックマークに追加する

.
web開発ならAppirits
Rubyでのwebシステム開発は
実績豊富なAppiritsにお任せ下さい
iPhone開発
iPhone開発は
Appiritsにお任せ下さい
ブラウザゲーム エインヘリアル
ブラウザゲーム「エインへリアル」
サービス中
オープンソースECパッケージ エレコマ
オープンソースECパッケージ
「エレコマ」
Google Analytics徹底活用スクール
レベルに合わせた
実用的な活用スキルを徹底指導。
好評定期開催中です!

プロフィール

よしだ
よしだ
プログラミングやサーバ構築の場面で役立つことを書いていければ良いなと思います。

最近チェックした記事

最新記事

アーカイブ

アクセスランキング

AppiritsのWebソリューション
Ruby on railsの開発ならAppirits
株式会社ケイビーエムジェイ